探偵と興信所の違いってどこなのか

探偵と興信所の違いってどこ

 

ネットで浮気調査と検索すると「○○探偵事務所」「○○興信所」とヒット決める。
そして調査を欲求したいと思っているあなたは、「探偵と興信所って何が違うの?」
と思っていのではないでしょうか。

 

実は探偵と興信所は業務内容は昔は違っていましたが現在は同じです

 

昔の観点から言えば
探偵は「行動調査」専門としていて、興信所は「信用調査」を専門としている。

 

昔の探偵と興信所の違い

 

探偵のスペシャルは行動調査

 

探偵の専門として要る行動調査とは、張込み・尾行を駆使し、
対象者のありのままの実施を調査・記録することだ。
つまり、「浮気調査」となります。他には家出などが挙げられます。

 

そして行動調査で依頼わたるほとんどが浮気調査となっていて、
何だか探偵は浮気調査のマスターといえます。

 

 

興信所のスペシャルは信用調査

 

興信所の専門とやる信用調査とは、結婚式先方や就業、取引先などの調査が主となります。
信用調査の場合は、基本的に尾行をせず、役職を明かして調査を行うことがほとんどです。

 

ただし、現在は浮気調査を引き受けてある興信所が殆どとなっていて、
探偵との区分けがつきにくくなっているのが核心でしょう。

 

 

行動調査、信用調査をオール行っているのが、総合探偵・興信所といって
現在は探偵を名乗っているところがほとんどです。

 

大手の過半数「全て」となっていて、つまみ食いや労働などのありとあらゆる調査を引き受けてくれるようになっています。

 

このように総合探偵・興信所となっている一流が増えてからは、探偵と興信所が同じ意味で通じることが多くなっています。

 

 

 

 

本来は調査内容や得意分野などが異なっていたのは事実ですが、
現在では区分けを始める意味があるのか疑問だ。

 

同じ調査先として考えたほうが事情に合うのではないでしょうか。
その中で各調査ディーラーが得意分野を持ち合わせる、または全て調査先であると個別に考えたほうが自然だと思われます。

 

その中で興信所は景気関連調査を中心に行なうところが数多く、
探偵オフィスは世間関連調査を中心に行っている先が意外と多いのも事実だ。
なお、マーケット内では次のような型式をしています。

 

一部分先(特定の企業などを人々として要素信用調査を主に行っている先)
二部先(特定の企業などを人々として人事調査を主に行っている先)
三部先(主に強調PRにより自分や企業を相手に尾行調査や居場所、信用、調査などの世間関連印象
査を行っている先)
四部先(保険関係の調査や紳士録などを取り扱っている先)

 

ただ、これらの型式にも反論があり、いわゆる「紳士録」先は調査先ではないと云う
調査先が多いのも核心でありますし、一部分から三部の分け方にも一部分と二部は
調査条目による型式で三部は調査条目ではなく一部分二部先との強調PR方策に関する
区分けであるとのスタンスも多くあります。

 

これらの分け方に対して「一部分・二部」先は昔の興信所、「三部」先は探偵オフィスというスタンスを述べる方も来る。